株式会社太鼓センター

トップメッセージ

太鼓センター代表取締役 東 宗謙

「感動共感」を創造する

株式会社 太鼓センター
代表取締役
東 宗謙

"私の和太鼓の師匠は子ども達です!
日本中の子どもたちに、和太鼓を体験させたい!
これが株式会社太鼓センターを起業した動機です"

こんな書き出しで「和太鼓のチカラ」(2012年秋初版)を執筆しました。
「和太鼓は奇跡を起こす」認知症・うつ病・不登校の現場で起きる奇跡
上記は、本の表紙帯に書いた私の強い想いの言葉です。

「感動共感」が私の人生のテーマです。
音楽で人々に感動していただく仕事をしようと決意したのが1973年の大学卒業時でした。その後、株式会社 京都音楽センターを創り、更にその8年後に株式会社 太鼓センターを独立起業させました。

音楽ソフトで成り立つ会社、生涯好きな音楽を生業にして働き続けられる会社、お客様と感動共感しあえる「和太鼓の会社」を創造しようと悪戦苦闘してきました。
そして、なんとか30年目に足を踏み出し、社員・スタッフ・講師の総勢180名に及ぶ「和太鼓の健康サービス」企業として、新たな道も開拓しつつあります。

和太鼓は、人が元気に生きる力になります
和太鼓は、集団で打つ事によって、人間本来の心を呼び起こします
和太鼓は、高齢者がいつまでも元気で社会生活を続けられることにとても役立ちます
和太鼓は、かけがえのない仲間づくり役立ちます
和太鼓で、人生の生きがいを見つけた仲間達の会社が太鼓センターです

そして未来に向かって

本社のある京都市に文化庁移転が決まりました。
京都市に日本伝統伝承芸能の常設上演劇場を建設したい!
2020年に震災復興の太鼓曲「陸奥」を日本中、世界中で打ち鳴らしたい!
電子太鼓「電太」で、高齢者の健康寿命延伸に役立ちたい!
夢は広がるばかりです。

「袖すりあった縁」をも活かしながら新たな夢の実現に向かって、社員・講師・TAIKO-LAB会員の仲間たちとともに、会社をますます元気に育てていきたいと想い、日々誰一人やったことのない太鼓の会社創りにチャレンジしております。

会社案内