電子和太鼓『電太』|株式会社太鼓センター

電子和太鼓『電太』

開発のきっかけ

和太鼓レッスンをするにあたって常に付きまとうのが「大音量による騒音問題」です。
和太鼓の音量は120~130dbにも達します。騒音規制値の60~70db(※自治体によって異なる)以内に抑えられる防音設備の整った場所は非常に限られており、太鼓を打つことの出来る場所が少ないということは「太鼓を楽しめる方」も限られてしまうということになります。

そこで、
「いつでも」「どこでも」「誰でも」打つことの出来る太鼓は作れないものか?
との想いから、「電子和太鼓」の開発を進めてきました。

そして5年の歳月をかけて研究開発を重ね、
2017年5月に新発売できる運びとなりました。

▲ 本物の和太鼓を用いた防音室でのレッスンの様子

電子和太鼓『電太』の特徴

スピーカーによる音量調節ができる

スピーカーによる音量調節ができる

電子音による和太鼓音で、スピーカーによる音量調節が可能なため、「いつでも」「どこでも」時間や場所を気にせず太鼓を打てる機会を広げることができます。

力が弱くても簡単に音が出せる

力が弱くても簡単に音が出せる

力の弱いお子様や高齢者でも簡単に太鼓音を出せる仕様になっているため、特に高齢者にとっての取り組みには最適な「和太鼓」となりました。

自動伴奏や音色が選べる

自動伴奏や音色が選べる

自動伴奏機能や多数の音色が選べるため、例えば高齢者施設や保育園・幼稚園、学校などでの指導が進め易くなります。

音響機器につないで演奏できる

音響機器につないで演奏できる

他の音響機器につないで演奏できるので、新たな太鼓の楽しみ方が無限に広がります。

本物の和太鼓の感覚を追求

本物の和太鼓の感覚を追求

バチの跳ね返りや練習時のバチアタック音軽減等を極限まで追及しました。

電子和太鼓『電太』は「いつでも」「どこでも」「誰でも」打つことの出来る今までにない太鼓です

電子和太鼓『電太』セット

電子和太鼓で健康寿命延伸を

現代社会において、ストレスが多くの病気の原因になっていることはご承知のとおりです。またひとり暮らしの高齢者が増え、健康寿命は10歳も若く、孤独死も社会問題になっています。

弊社は関西学院大学やびわこ成蹊スポーツ大学等との共同研究を進め、和太鼓が脳活動の活性化やストレス解消に役立つことを検証してきました。
創立から30年間の和太鼓指導の蓄積と、40ヶ所5,700名会員を擁する和太鼓教室「TAIKO-LAB」のノウハウを基に、「和太鼓リハビ®」をはじめ「ストレス発散」「コミュニティ作り」「有酸素運動による健康促進」「介護予防」「生きがいづくり」といったコンテンツを提供しています。

電子和太鼓『電太』の完成で、これらの取り組みは更に加速して行きます。

  • 電子和太鼓『電太』を使ったレッスンの様子
  • 電子和太鼓『電太』を使ったレッスンの様子
  • 電子和太鼓『電太』を使ったレッスンの様子
▲ 電子和太鼓『電太』を使ったレッスンの様子

展示発表情報

ご来場希望の方は事前にご連絡ください。

  1. 「平成28年度第2回京都市ライフイノベーション創出支援センターシンポジウム」

    日程:2017年2月2日 14:00~17:45
    会場:京都大学国際科学イノベーション棟 5階 シンポジウムホール

  2. 「健康博覧会2017」

    日程:2017年2月15日~17日 10:00~17:00
    会場:東京ビッグサイト 西1・2ホール

お問い合わせ

電子和太鼓に関しまして、ご質問やご相談を承ります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

■メールでのお問い合わせ
kuramochi@taiko-center.co.jp (担当:倉持・稲田)