篠笛の吹き方|株式会社 太鼓センター

太鼓センター鬼っ鼓ショップ篠笛館

篠笛の吹き方

吹き方のポイント

息の出しかた

1.
唇は自然の形から、軽くほほえむ感じにし、唇の真ん中に小さな穴を開けます。
細くまっすぐ息が出るようにします。

篠笛の息の出しかた

2.
息は腹式呼吸で、ゆっくりと長くはきます。

篠笛の息の出しかた

唇の位置をあわせる

1.
顔の中心と唄口の中心をあわせます。
※唄口とは息を吹きこむ穴のこと

篠笛の唇の位置をあわせかた

2.
下唇が唄口の手前3分の1くらいを覆うようにします。

篠笛の唇の位置をあわせかた

息を当てる位置

1.
唇の真ん中に小さな穴を開けた状態で、唄口のフチの少し下へ向けて息を吹きだします。
(唄口の穴の反対側の角に当てるイメージで)

篠笛の息を当てる位置

2.
笛を微妙に前後に回し、しっかりと音の出る位置と角度をみつけます。

篠笛の息を当てる位置

指の押さえ方のポイント

初めて篠笛を触る方でよくあることなのですが、リコーダー等で慣れているのか、指穴をおさえる際、指先で押さえてしまうという事があります。 指先で押さえると、演奏しづらくなりますので、正しい押さえ方で慣れておきましょう。

指穴は指先で押さえない!

フルートなどは、指先で指穴をおさえますが、篠笛の場合は、左手は指先の腹で押さえ、右手は指先で押さえず、第一関節と第二関節の中間で押さえます。
まずは右手小指の位置を決め、薬指、中指、人差し指と合わせていきます。

篠笛の指穴は指先で押さえない

音域について

  • 篠笛の音域は2オクターブ程度です
    最低音を筒音(つつね)といい、すべての指穴をおさえて出す音です。第一オクターブの低音域を「呂音(りょおん)」、そのオクターブ上の中音域を「甲音(かんおん)」、さらにオクターブ上の高音域を「大甲音(だいかんおん)」といいます。
  • 甲音、大甲音をだすときのポイント
    ・甲音、大甲音を出すときは「息を細く・速くし、音が出るポイントに正確に当てること」が重要です。
    ・速く吹くといっても荒々しく吹くという事ではありません。
    ・甲音は、大甲音は練習あるのみです!

鬼っ鼓ショップ篠笛販売ページはこちら

電話・メールでのお問い合わせはこちら

■太鼓センター営業部 (メールはこちらから)

TEL:0120-468-615

FAX:0120-468-616